バストアップラボ

小さな胸にコンプレックスを抱いていても

小さな胸にコンプレックスを抱いていても、遺伝の問題だからどうにもならないと考える女性も多くいることでしょう。



実はバストの大きさは遺伝よりもいつもの生活の影響が大きいという説もあります。もし整形なんて考えているなら早まらないで、生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?あなたがなにげなく行っている生活習慣のせいで、Aカップのままなのかもしれません。胸を大きくしたいとお考えなら、筋トレをしてみるのはどうでしょうか。筋トレをすればバストを支える筋肉が鍛えられて、バストアップしやすい体になるでしょう。
ただ、筋トレだけに頼っていてもすぐに胸が大きくなるわけではないので、並行して違う方法を行うことも続けなければなりません。



心地良い眠りを十分に取ったり、血行不良の解消も心掛けてください。バストアップしたい!と思ったら、毎日お風呂に入るのがおすすめです。
お風呂の効果として血行をよくすることができるので、胸に栄養が届きやすい状態にすることができます。この状態からバストアップマッサージもいつも以上に効果を感じることができます。


お風呂に入る時間なんてない!という時は、シャワーを使ってバストの辺りをマッサージしてみるだけでも効果を得ることができるはずです。
胸を大きくしたいなら毎日の行いが非常に大事です。
バストが小さめの女性は知らずして、胸の成長をストップさせてしまうような生活が吸収されているのです。

胸を成長させるには、生活習慣の改善が大切です。どんなに胸を大きくさせるために努力しても、生活の習慣があだとなって効果を発揮しないこともあります。
バストアップを促す食べ物としては有力候補に大豆製品や鶏肉、キャベツなどがありますが、これらを一生懸命、食べたからといって、絶対にバストアップに繋がるとは限りません。栄養素が偏りすぎてしまったら、促そうとしたはずのバストの成長が邪魔してしまう、なんてこともあるので、バランスよく栄養を摂取するよう心がけましょう。そして摂取した栄養がバストまで行き届くように血の巡りを良くするようにしましょう。
バストアップに有効なものとして、豆乳がよく知られています。豆乳には大豆イソフラボンという物質が含まれていて、まるで女性ホルモンのような働きをするという話です。

現在では、飲みやすいように独特の臭いを消した豆乳も作られるようになっていますから、敬遠せずに豆乳を摂取するようにするのもいかがでしょうか。
でも、いっぱい飲めばいいというわけではありません。
バストアップクリームというものには女性ホルモンがよく分泌されるようにする成分が入っていますので、乳房を大きくすることが期待できるでしょう。

バストアップクリームを「塗る」というよりは、ソフトにくマッサージすることで肌への浸透を高める方が効き目が体感できます。


だからといって、使用後、たちまち胸が大きく育つわけではありません。


バストアップに有効といわれるツボを、押してみてはいかがでしょうか。
だん中・天渓・乳根と呼ばれるツボが胸を豊かにするのに効果的なツボとして知られています。これらのツボを押したりすることで、血行が良くなったり、女性ホルモンの分泌される量が増加したり、乳腺に対して良い効果があると考えられていますが、効くのにある程度時間がかかります。胸を大きくするサプリは効果があるのかというと、胸が大きくなったと感じる方が多いです。
胸を大きくすることにつながる女性ホルモンの分泌を促す成分が凝縮されたサプリなので、これを飲むことで体内から気になるバストを育てることができるでしょう。



しかしながら、女性ホルモンが過剰となり、生理周期に変化が現れることも事例もあるようです。過剰に摂取したりタイミングを誤ることがないように気をつけながら飲むようにしましょう。最近では、胸を大きくできないのは、DNAというよりも生活習慣が近いことによる原因というのが広く認知されるようになってきています。
偏食や運動不足、睡眠不足などが、胸が成長することを妨げているのかもしれません。親子や姉妹の間においてバストサイズが違うことは、多くみられる傾向ですから、生活習慣を見直していきましょう。