バストアップラボ

まだ自分の胸は自分でバストア

まだ自分の胸は自分でバストアップできます。そのためには「姿勢」を見つめなおすということを意識しましょう。
猫背の人は体のライン的に胸が強調されませんし、成長に大切な血のめぐりを抑制してしまうため、バストの成長を妨げてしまいます。

正しい姿勢を続けたくても、それを保ち続ける筋力がないといけません。
しかし、大切な体作りができないと、バストアップを目指しても胸を支えられないでしょう。


なれないうちは苦労するかもしれませんが、常に心の中で思い出しながら、正しい姿勢を目指してください。



近年においては、バストアップを達成できないのは、遺伝の関係というよりも生活習慣が類似していることが原因というのが広く認知されるようになってきています。偏食や運動不足、睡眠の減少などが、胸が成長することを妨げているのかもしれません。家族の間でもバストのサイズが違うことは、よくみられますから、生活習慣を見直していきましょう。ツボの中にはバストアップをうながすツボがありますから、刺激してみるのもひとつの手です。

だん中・天渓・乳根と呼ばれるツボがバストアップに効果的なツボであると広く知られています。

これらのツボを押したりすることで、血行が良くなったり、女性ホルモンがよく分泌されるようになったり、乳腺を発達させるのに有効であると考えられるのですが、即効性があるわけではありません。
サプリを使用してバストアップするという方法が効果的かというと、試してみて胸が大きくなったと効果を実感する方が多いです。

胸を大きくすることにつながる女性ホルモンの分泌を促す成分がサプリに凝縮されていますから、飲むと体の内側から気になるバストを育てることができるでしょう。


バストアップには効果がありますが、体内の女性ホルモンが乱れ、生理周期が変わってしまうケースもみられるということを覚えておいてください。過剰に摂取したりタイミングを誤ることがないように注意して利用しましょう。
バストを大きくするのには日々の習慣がすごく関連しています。

胸が小さめの人は知らないあいだに、胸の成長をストップさせてしまうような生活が定着してしまっているのです。
バストを大きくさせるには、日々の行いを見直してみることが重要です。
どんなにバストアップのために努力しても、生活の習慣があだとなって効かないこともよくあります。
もうちょっと胸が大きくならないかなと思いつつ、遺伝の問題だから仕方ないと考える女性もたくさんいることでしょう。意外と知られていないことですが、バストサイズは遺伝よりもいつもの生活の影響が大きいようです。


もし整形なんて考えているなら早まらないで、普段の生活を見直してみませんか?あなたがなにげなく行っている生活習慣のせいで、Aカップのままなのかもしれません。
食べ物の中でバストアップが望めるものと言ったら、知名度の高い大豆製品や鶏肉、キャベツなどがパッと思い浮かびますが、こういった食べ物ばっかり摂取したからと言って、絶対にバストアップに繋がるとは限りません。

栄養素が偏りすぎてしまったら、バストの成長によかれと思った努力が悪くなってしまうこともあるので、偏った食事にならないように注意しましょう。そして摂取した栄養がバストまで行き届くようにストレッチするなどして血行をよくしてください。
胸にコンプレックスを抱いておられる方、お風呂に入ることをおすすめします。お風呂に入れば血行をよくすることができるので、胸に栄養が届きやすい状態にすることができます。


血の巡りがよくなった状態の時にバストアップマッサージをすることでいつも以上に効果を感じることができます。お風呂に入る時間なんてない!という時は、シャワーを使ってバストの辺りを軽くマッサージするだけでも効果を狙うことができます。バストアップには腕回しをするのがいいのではないでしょうか。バストアップ効果が得られるエクササイズは十分に時間が取れないと面倒に思うこともありますが、腕を回すだけだからいつでもどこでも実践できますね。



肩こりも腕を回すことでほぐれて血行促進にもなりますし、軽い筋トレ効果もあります。当然、バストアップにもつながります。実際、バストアップクリームには女性ホルモンの分泌を増加させる成分が含まれていて、乳房を大きくすることが期待できるのではないでしょうか。単にバストアップクリームを塗るのでは無く、優しくマッサージして内部へ浸透しやすくする方が効果としてより実感できるのではないでしょうか。

ですが、使用したらすぐにサイズアップするわけではありません。